坂東市立生子菅小学校

生子菅小学校校舎

学校長 針替 直哉です。

この度は、坂東市立生子菅小学校のホームページにアクセスいただきましてありがとうございます。本校は,明治22年創立です。今年創立129周年を迎えた児童数164名の歴史と伝統のある学校です。
 学区は茨城県南西部に位置する坂東市の猿島地区にあります。緑豊かな田畑や猿島茶の茶畑、平地林が点在し自然豊かな環境にあります。
 学校教育目標は「清く 正しく 健やかな児童の育成」で、子どもたちは明るく元気にのびのびと学校生活を送っています。
 本校の特色として、昭和53年に茨城県指定無形文化財「猿島ばやし」保存子ども会が結成されました。地域の猿島ばやし保存会の方にご指導いただきながら,毎年希望者を募り3年生以上の児童で昼休みや放課後を利用して練習に励んでいます。学校行事や地域の祭り等で「はやし」「からす」「はやしゃんぎり」などの楽曲を演奏し、伝統文化の継承活動を行っています。
 本年度は「主体的に学習に取り組む児童の育成」をテーマとし、「学び合い」をキーワードに、「子ども達全員が夢中になって学ぶ授業」「子ども達が協同的に学ぶ授業」「子ども達に確かな学力をつける授業」への授業改善を目指し、授業力を高める研修に取り組んでいます。
 教職員一丸となって,PTAや地域の方々と共に生子菅小学校らしい教育実践の創造に努めていきたいと思います。皆様方のご支援とご協力をよろしくお願い申し上げます。


めざす児童像

 ○よく学び
 ○よく遊び
 ○よく考える児童

めざす学校像

 ○楽しい学校
 ○美しい学校
 ○地域とともにある学校

求める教師像

 ○人間性豊かで 情熱あふれる教師
 ○子供を中心に考え 一人一人を大切にする教師
 ○授業を大切にし 工夫を惜しまない教師