坂東市立生子菅小学校

生子菅小学校校舎

平成30年度 学校経営の基本構想

1 経営の方針
 学校は,たくさんの子供たちが集い,共に学習したり,共に遊んだり,また,様々な活動に取 り組みながら将来へ向けて自立するために必要な知識・技能や社会性を育てるところです。
 本校では,知・徳・体のバランスのとれた人間性豊かな児童の育成をめざしています。そのた めに,児童一人一人に対して,「確かな学力」「思いやりや豊かな人間性」「健康と体力」の育成に 取り組むことが大切だと考えています。特に,「自分の将来を切り拓く力」,「社会の一員として 協調して生きる力」を身につけさせたいと考えています。

2 児童スローガン「おいご」
○お  思いやりの心であいさつしよう
○い  いっしょうけんめい勉強しよう
○ご  ゴールめざして運動しよう

3 具体的な教育目標
◎ 知・徳・体の調和のとれた人間性豊かな児童の育成をめざす。
○ 支持的風土の「認め合い・支え合い・高め合い・喜び合う」関係の構築に努める。
〇 支援を必要とする児童の情報を共有し,個別支援の充実を図る。
「知」学力の向上と確かな学力の定着を図る。
「徳」 思いやりや温かな人間関係の育成を図る。
「体」 児童の体力向上と健康の保持増進を図る。

4 目標を達成するために
“「チーム生子菅小」”として
一人一人の個々の力を結集して,一つの大きなまとまりのある組織として機能すること。
  小さなチームの集合体が,チーム生子菅小学校となる。
   チーム力を向上させるに個の力の向上をめざす。
   チームワークとフットワークのよい教職員の集団をめざす。
   「一人一研究」を推進し,学び合う教師集団をめざす。

5 “校長の思い”として
「人は,人とのかかわりによって,人として成長する。」
教職員だれもが,一人一人の子どもたちを慈しみ,育て,かかわることができれば,笑顔の絶えない子どもたちでいっぱいの素敵な学校になる。
「学級づくりは授業づくりから,授業は学級で成立する。」「授業づくりは,学校づくり」
人が人として育っていくためには,人と人の積極的な心のかかわりこそが必要。 つまり,教師ことが最大の教育環境であり,そのかかわりのほとんどが授業時間である ことから,授業こそが学校の命である。「教師一人一人が自身の授業を見つめる授業改善への取り組みが,学校づくりの根幹となる。」
“教師の合い言葉”「授業づくりは学級づくり 授業づくりは学校づくり」